近視遠視・乱視は治ります改訂版

近視遠視・乱視は治ります改訂版近視遠視・乱視は治ります改訂版
著者:矢作徹出版社:旭書房/星雲社サイズ:単行本ページ数:151p発行年月:2001年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)本書は、著者の病院で行っているLASIKの日常の診療と治療を通じて、問題と考えることや、治療の事前カウンセリングのときに、患者さんからよく聞かれる点について、できるだけ率直に取り上げた。また、実際治療を受けるときに、事前に知っておいてほしいことなどについても、分かりやすく記述している。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 視力復活の日/第1章 眼のしくみと近視/第2章 レーザー治療で近視が治る/第3章 LASIK治療の実際/第4章 いろいろな屈折治療とその問題点/第5章 レーザー治療の問題点/第6章 治療の申込みからアフターケアまで/第7章 治療後のデータ/第8章 屈折治療Q&A【著者情報】(「BOOK」データベースより)矢作徹(ヤハギトオル)広域医療法人社団メディカルドラフト会会長。医学博士。1953年北海道生まれ。防衛大学、自衛官を経て東京大学および信州大学卒業。スタンフォード大学留学。日本眼科学会会員。日本眼科手術学会会員。日本医師会正会員。国際眼科学会(ISCRS)会員。米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)会員。欧州屈折矯正眼科学会(SCRS)会員。サミット公認エキシマレーザー技術資格者。屈折矯正眼科専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学
さらに詳しい情報はコチラ≫


| 書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。