乱視とは?

乱視(らんし)は、目の屈折異常のひとつ。角膜や水晶体が歪んで球面でなくなる事によって光の屈折がずれ、焦点が合わなくなる。「がちゃ目(め)」ともいう。

生物の目は完全ではないため万人が乱視の要素を持っているが、軽微な場合は問題がない事が多い。ものが多重に見えるなど視覚に問題が生じる場合は、矯正を要する。

正乱視

光が二ヶ所で焦点を結ぶ乱視。ほとんどの乱視は正乱視に分類される。

眼鏡、コンタクトレンズ(トーリック)により矯正可能。レンズは円柱レンズが用いられる。

不正乱視

どこにも焦点が結ばれない乱視。角膜の異常により発生する事が多い。不正乱視がまったく無い人もほとんど居ないが、矯正無しあるいは近視・遠視・正乱視のみの矯正で1.0以上の視力が出れば通常問題にしない。

ハードコンタクトレンズにより矯正可能だが、コンタクトレンズが使用できない場合、矯正の効果が低い場合は外科手術を要する。

〜ウィキペディアより〜

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。